事業報告
 
[2015.08.24]

第5期うつのみや親善大使 一次審査(書類選考)を開催

8月24日(月)、宇都宮商工会議所談話室で第5期うつのみや親善大使 一次審査を開催しました。
真剣なまなざしで、「うつのみや親善大使」の一次審査(書類選考)をする青年部メンバー


青年部では「うつのみや親善大使」事業を平成23年度から継続事業として実施しており、4年間で8人の「うつのみや親善大使」を輩出してきました。

4年間の実績もあり、知名度も増し、昨年は青年部事業をはじめ、「ふるさと宮まつり」のオープニングセレモニー等の17のイベントに参加し、5つのメディアに出演するまでに至りました。

今年度、第5期となる「うつのみや親善大使」を募集したところ11人の応募があり、最終審査(面接審査)を前に、一次審査として書類選考をしました。

「うつのみや親善大使」を宇都宮のシンボルとして広く認知されるよう、効率的かつ効果的にさまざまなイベントに参加を働きかけ、あらゆる機会で宇都宮の魅力をアピールできるような「うつのみや親善大使」に育てていきたいと思います。また本事業を通じて、青年部メンバーが相互協力をし、イベント誘致等の努力をすることで、青年部メンバーの人間力の成長や企業繁栄のヒントになるものを掴んでほしいと考えています。

10月には新たな第5期「うつのみや親善大使」が誕生しますので、皆さまご期待ください。

交流委員会 委員長 鈴木 康史

 
一覧はこちら