事業報告
 
[2015.12.9]

栃木県商工会議所青年部「第1回県連大会」に参加

栃木県商工会議所青年部連合会(以下、栃木県青連)「第1回県連大会」が12月9日(水)、市内ホテルで開催され、県内商工会議所青年部メンバー約120人が集結。当所青年部からは檜山会長以下27人で参加しました。
栃木県商工会議所青年部連合会会長としてあいさつをする当所青年部・児玉博利直前会長


栃木県商工会議所青年部連合会(以下、栃木県青連)「第1回県連大会」が12月9日(水)、市内ホテルで開催され、県内商工会議所青年部メンバー約120人が集結。当所青年部からは檜山会長以下27人で参加しました。

本大会は、今年度、栃木県青連から日本商工会議所青年部会長と関東ブロック商工会議所青年部連合会会長を同時に輩出するという記念の年に、全国に誇れる栃木県青連として活動していくため、県内の青年部メンバー同士がこれまで以上に一致団結し、相互の交流をさらに深め、栃木県青連の今年度スローガン「栃木県青連ビッグバン~一枚岩をさらに大きく強く~」を実現し、次のステージに向けて大きな一歩を踏み出すために開催されました。

第一部の研修会では、㈱リンクスポーツエンターテインメント代表取締役社長の鎌田眞吾氏による事例発表が行われ、続いて、本年10月に開催された「第35回関東ブロック大会とちぎ日光大会」の振り返りの発表がありました。その後、日本商工会議所青年部の歴代会長および現役会長をお招きし、全国の仲間との繋がりを通して得た「連帯の証」についてのパネルディスカッションが開催されました。

第二部の大懇親会では、9つの商工会議所青年部が、それぞれの活動内容について報告するなど、
栃木県内の仲間との繋がりを実感することができ、今後もこの絆を大切にし、地域を支える青年経済人として、研さんに努めなければならないと感じました。

運営専務 神宮 祥臣

 
一覧はこちら