事業報告
 
[2018.08.29]

商工会議所青年部 第16回全国サッカー大会ちば柏大会で準優勝

青年部サッカークラブが第16回全国サッカー大会ちば柏大会で準優勝しました。
 青年部には7年前からサッカー部があり、年間を通して月に1・2回の練習と試合を行っています。
 先日の7月14日(土)・15日(日)の2日間、われわれ青年部サッカークラブ「宇都宮でぎょーざいますSC」は、「商工会議所青年部第16回全国サッカー大会ちば柏大会」のカテゴリーY2(フレンドリーマッチ)に参加しました。
 大会では予選リーグのグループにおいて2勝1敗の成績で惜しくもリーグ内で2位となりました。本来ならば予選リーグ敗退でしたが、辞退するチームが現れるなど数々の奇跡が起こりワイルドカードに選出され、決勝トーナメントに進出しました。
 決勝トーナメントでは予選リーグ1位のチームを次々に撃破し、決勝までたどり着きました。決勝では0-0のPKで敗れはしたものの、26チーム中2位の準優勝を勝ち取りました。
 大会に参加し、メンバーの絆が深まったのはもちろん、全国の商工会議所青年部に宇都宮を大きくPRできました。来年は少し遠い長崎での開催となりますが、次こそ優勝狙って今後の練習に励みたいと思います。
 これも日頃よりご協力・ご支援いただいています多くの方々のお力添えがあったからこそ成し遂げられたことと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。

(宇都宮でぎょーざいますSC 監督    檜山 昌彦)
(宇都宮でぎょーざいますSC キャプテン 神宮 祥臣)

 
一覧はこちら